ページ

ステーキ肉の美味しい焼き方

ステーキ肉の美味しい焼き方

皆さんは「ご馳走」と言われると、どの料理を連想しますか?
寿司であったり、フランス料理であったり、と様々な意見が出ることでしょう。
その中には「ステーキ」を挙げる方は、もちろんいると思います。

家族の誕生日や大切な記念日にステーキを食べる方も多いことでしょう。 しかし、ステーキは自宅で上手く焼けないと思い、外食する方もいるはずです。でも、自宅でステーキを上手く焼く方法はあります。

こちらでは、そのステーキ肉の美味しい焼き方についてご紹介をさせて頂きます。

♦ ステーキ肉を常温に戻しておく

多くの方はステーキを焼く際、冷蔵庫から取り出したらすぐに焼き始めているのではないでしょうか。
しかし、そのような焼き方をしてしまうと、内部が焼けずに表面だけを焼く事になってしまい、ステーキ肉の表面を焦がしてしまうことになります。
それでは、美味しく召し上がることができません。
そのため、ステーキ肉は焼く直前ではなく、早めに冷蔵庫から出し、常温に近いかたちで焼くようにしましょう。

♦ コショウ・塩は焼く直前に

塩は、あまりに早い段階でステーキ肉にふってしまうと、肉汁を多く出してしまい、肉の旨味を逃してしまうことに繋がります。
そのため、コショウや塩は焼く直前にふるようにして下さい。
そうすることで、美味しくステーキ肉を焼き上げることができます。

♦ 上手さを逃さないために

上記でご紹介した工程が済むと、最後は仕上げの「焼き」になります。
当然の事ながら、美味しくステーキを食べるには焼き方は非常に重要です。
この時、フライパンには「牛脂」をひくようにして下さい。
牛脂は、牛の脂肪から抽出したものですので、ステーキ肉にマッチします。
また、ステーキをひっくり返すのは一度だけにしましょう。
何度も引っくり返してしまうと、ステーキの脂が落ち、上手さも一緒に逃してしまうことになります。
このような焼き方なら、上手さを逃さないステーキとなります。

これらのポイントは、ステーキ肉を焼く上で大切ですので、覚えておくようにしましょう。

そして当店では、米沢牛などのステーキ肉の販売を行っています。
また、贈り物としても最適な牛肉ギフトセットもご用意しています。
牛肉ギフトセットと一緒に、上記のステーキ肉の焼き方も伝えると大変喜ばれることでしょう。

お肉についてもっと知りたい方へ

お問い合わせ

※まことに勝手ながら火曜日は商品の出荷をお休みさせて頂いております。

ページトップへ