ページ

会社概要 | 沿革

会社概要

社名 株式会社米沢牛黄木
創業 大正12年
代表者 代表取締役 黄木修太郎
会社設立 昭和46年5月4日
所在地 〒992-0017 山形県米沢市桜木町3-41
業務内容 食肉販売業(小売・通販・卸)
飲食業
食肉加工製造業
食肉処理業
惣菜製造業

代表挨拶

上杉の城下町米沢に、大正時代より店を構え、おかげ様で創業95周年を迎えることができました。
これもひとえに、当社を支えてくださったお客様とのご縁を頂いたおかげです。
そしてこれからもお客様に喜んでいだだけます様、米沢牛黄木は「日本一立派な食肉会社」を目指します。
日本一とは、売上、社員数等の規模のことではなく、経営の品質のことで、日本の食肉会社の中で一番お客様から喜ばれ、感謝される会社、社会貢献している会社、社員満足度の高い会社という意味です。
お客様にとって、黄木がなくてはならない存在を目指し、そして働く社員も「この会社に入ってよかった!」「この仕事についてよかった!」と誇れる会社を目指していきます。
日本の食卓が、笑顔でいっぱい溢れますように、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

株式会社米沢牛黄木
代表取締役 黄木修太郎

店舗案内

米沢牛黄木 本店

honten

1923年、大正12年に小さな精肉店とそこに併設して、七輪を使い牛鍋屋を始めたのがはじまりです。 戦時中には、わずかな肉しか配給されない中で、それでも何とか店を存続し、乗り越えてきました。 昭和21年には車庫を改造して6坪程度の食堂を建設。現在の直営レストラン金剛閣のもとと成るものです。 昭和25年、今の時代のように、配送手段でクール便などがなかった為、生肉の保存方法として考えだされたのが牛肉の味噌漬け、当社の看板商品の「すみれ漬け」です。

銘柄推進協議会の盾

お客様に最高の品質、そして最高の美味しさをお届けしたいという気持ちは、今も昔も変わっておりません。 先代の方々から受け継がれてきた伝統と技術が、90年の歳月を経て、今の社員に脈々と受け継がれております。 ホームページからご注文いただいた商品もこちらの本店より発送いたします。

所在地 〒992-0017 山形県米沢市桜木町3-41
電話番号 0238-22-2241
お買い物・お問い合わせ
専用ダイヤル
0120-75-2240
FAX 0238-26-1129
営業時間 AM9:00~PM6:00
定休日 毎週火曜日(営業日もございますので、お問い合わせください。)

黄木米沢牛工房(HACCP認定工場)

tsuhan
所在地 〒992-1125 山形県米沢市万世町片子625
電話番号 0238-22-2240
FAX 0238-22-2243
定休日 日曜日

「米沢牛黄木 本店」「黄木米沢牛工房」は
国際規格の食品安全マネジメントシステム ISO22000を認証取得しています。

黄木直営レストラン 金剛閣

kongokaku
グルメプラザ金剛閣

お召あがりたいメニューごとにステーキ・すき焼きしゃぶしゃぶ・焼肉とフロアが分かれています。 枝肉市場から直接仕入れた米沢牛を使用し、最高の品質でご提供いたします。 また、米沢牛の味わいを生かした様々なお弁当も人気です。

所在地 〒992-0017 山形県米沢市桜木町3-41
お食事お問い合わせ
予約専用ダイヤル
0238-22-4122
FAX 0238-22-2242
営業時間 平日|11:00~15:00/17:00~22:00
休日祝日など|11:00~22:00(ラストオーダー21:00)
定休日 毎週火曜日(営業日もございますので、お問い合わせください。)

牛鍋おおき

tsuhan
所在地 〒992-0027 山形県米沢市駅前3-2-18
電話番号 0238-40-1129
FAX 0238-40-1129
営業時間 平日|11:00~15:00/17:00~21:00
土日|11:00~21:00(ラストオーダー20:00)
定休日 水曜日

米沢牛黄木 東京駅店

tokyo

米沢牛をはじめ、季節の野菜や銘柄米のつや姫など山形県が誇る食の魅力をお楽しみ頂けます。 米沢牛はもちろん産地直送!ランチメニューもございます。 夜はなんといっても、米沢牛の一品料理も織り交ぜながら、地酒もお楽しみいただけます。 是非お立ち寄りください。

所在地 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅八重洲北口B1F黒塀横丁内
電話番号 03-3201-2915
営業時間 11:00~23:00(ラストオーダー22:00)

米沢牛黄木 銀座店

tokyo

東京二店舗目として、銀座5丁目にこの8月オープン!
落ち着いた空間で、ごゆっくりお食事をお楽しみください。

所在地 〒104-0031 東京都中央区銀座5-7-6 i liv 12F
電話番号 03-6264-5495
FAX 03-6264-5496

沿革

大正十二年 黄木義政が精肉店創業。
併設して七輪を使い牛鍋店も営業する。
昭和四年 黄木ハルが18歳で県内初の女性ドライバーとして、甲種試験に合格。
その後フォードV8を購入して、スミレ自動車を興す。
後の「すみれ漬」の由来となる。
昭和十年 二代目 黄木林次郎 社長就任。
昭和二一年 自店の車庫を改造して六坪程度の食堂を建設。
後に「(株)レストラン肉の黄木」になる。
昭和二五年 すみれ漬の販売を開始する。
当時のすみれ漬は、経木(きょうぎ)を楕円形にきった上に味噌酒粕を塗り、肉をのせてさらに、
経木で包み、新聞紙で包む包装形態だった。
昭和四五年 総合結婚式場「金剛閣」建設。
総合結婚式場としてオープン。後の「グルメプラザ金剛閣」になる。
昭和四六年 黄木林次郎が株式会社設立。
「(株)レストラン肉の黄木」の増設。
昭和六二年 三代目 黄木昭夫 社長就任。
平成六年 社名を株式会社米沢牛黄木に変更。
レストラン金剛閣へ全面リニューアル。
米沢牛黄木(精肉本店)改装。
平成十年 四代目 黄木修太郎 社長就任(現社長)。
平成十年 約10ヶ月の子牛を購入
地元の契約農家に委託して「黄木ブランド牛」の肥育を始める。
平成十五年 創業80周年を迎える。
個体識別番号を正確に伝達するトレーサビリティーを導入
平成十九年 精肉加工工場「黄木精肉工房」竣工。
更なる品質向上を志す。
平成十九年 牛舎「黄木畜産工房」を竣工。
自社ブランド米沢牛の肥育頭数を増加。
平成二十年 新加工工場「黄木手づくり工房」を竣工。
牛肉加工食品の品質を充実させながら、顧客ニーズにあった商品開発に取り組む。
平成二三年 国際規格「食品安全マネジメントシステム」ISO22000を認証取得。
平成二五年 東京駅八重洲北口黒塀横丁に「レストラン米沢牛黄木東京駅店」をオープン
平成二六年 ISO22000「本店」認証取得
平成二八年 黄木畜産工房を増築
約200頭の米沢牛を肥育
平成三一年 新工場「黄木米沢牛工房」竣工。
精肉加工・加工品製造機能を持ち合わせた工場の稼働開始。
顧客ニーズへの対応、取扱商品の幅が更に広がる。
令和元年 東京 銀座に「レストラン 銀座 米沢牛黄木」をオープン

会社案内

お問い合わせ

※まことに勝手ながら火曜日は商品の出荷をお休みさせて頂いております。

ページトップへ