コラム

黄木のお肉を愛する料理人を尋ねる Vo.1

黄木コラム(黄木のお肉を愛する料理人を尋ねる Vo.1)

リポーター

直販事業部 伊藤一則

山形や米沢と聞くと、多くの方は「さくらんぼ」や「米沢牛」を思い浮かべるのではないでしょうか?せっかく米沢を訪れたのならば、本物の米沢牛や郷土料理を味わってみたい方も多いはずです。
今回はそんな「米沢の食文化」を堪能できる“上杉伯爵邸”をご紹介いたします。

“上杉伯爵邸“とは…?

杉伯爵邸は、明治29年、元米沢城二の丸跡に上杉家14代茂憲(もちのり)伯爵邸として建てられました。当時は敷地約5,000坪、建坪530坪という壮大な大邸宅でした。
しかし、大正8年米沢大火で類焼し焼失。大正14年に、銅板葦き、総ヒノキの入母屋づくりの建物と、東京浜離宮に依って造園された庭園が完成いたしました。
設計者は中條精一郎、施工は名棟梁江部栄蔵による作品です。かつて、鶴鳴館(かくめいかん)と称され、皇族の御宿所ともなった、文化財的価値のある邸です。

“上杉伯爵邸“の魅力の一つは料理!

昭和54年に上杉記念館と称し、市内観光の中核施設として観光客や市民に開放。主に郷土料理を提供。米沢の郷土料理の原点とも言われる上杉鷹山公の「かてもの」を味わうことができる米沢唯一の館として現在に至っています。米沢牛と郷土料理をつまみに、上杉記念館オリジナルの殿様の酒で一献いかがでしょうか。

この料理を作っているのは、上杉伯爵亭 総料理長の朝倉輝良さんです。
朝倉さんは、たくさんの郷土料理を研究し、先輩方からその伝統を受け継ぎ、この伯爵邸の料理長を務めるに至っている。 平成15年に「第一回醤油名匠」に選ばれるほどの実力の持ち主です。

この建物を訪れる沢山のお客様に、黄木のすき焼きをお召し上がり頂いております。

お問い合わせ

※まことに勝手ながら火曜日は商品の出荷をお休みさせて頂いております。

ページトップへ